リニューアルした「チートス」を従来品と比較してみた

2019年3月8日より、ジャパンフリトレーのチーズスナック「チートス」がリニューアルし、販売されています。 今回のリニューアルではチーズパウダーを従来の2倍使用し、チーズの香りも濃厚さもアップしているとのことで、食べ比べをしてみました!

 

とにかく濃厚なチーズの香り
リニューアルしたチートスは、袋を開けた瞬間から濃厚なチーズの香りがふわっと広がります。チーズパウダーが2倍といっても実際にはそんなに変わらないんじゃないの? と思っていたのですが、本当に2倍、もしくはそれ以上のチーズ感です! あと引く味で、ついつい手が伸びてしまいます。

 

濃いめの味でお酒にもあう!
とても濃厚な味付けになっているので、お酒のおつまみとしてもぴったりです。とくにビールとの相性が抜群! お酒が好きな方はぜひ試してみてください。

 

チートスを世界中に広めるチェスターチーター
チェスターチーターは、チートスのパッケージにも描かれているキャラクターです。彼はチートスを世界中に広めるという野望があり、その成果か、チートスは1948年にアメリカで生まれ、現在では40カ国以上で販売されています。

チェスターチーターはパッケージの裏面にも登場し、リニューアルパッケージでは、「やみつきチートス! 夜中に食べようぜ!!」というちょいワルなノリでチートスを勧めてきます。夜中に食べるのは良くないと思いつつも食べてしまう、そんな魅力がチートスにはあります。